フランス語オンラインフランス語オンライン講座は見学できますので、受講をためらっている方はお気軽にお問い合わせください。講座は見学できますので、受講をためらっている方はお気軽にお問い合わせください。

フランス語初級会話(A1)6月7日(月)19:30~21:00

今回も仏検3級試験対策で、『仏検公式ガイドブックセレクション3級』(駿河台出版社)の語順問題を解きました。

今回聴いた歌は、プロデューサーとしても活躍する1970年生まれのシンガーソングライター、アルバン・ド・ラシモーヌの2017年の傑作アルバムL’un de nousからLe grand amourでした。授業ではフランス語の歌詞と日本語訳の字幕をつけたものを観ています。

A1の授業の生徒さんは今一人だけです。興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

フランス語A2 6月5日(土)14:45~16:15

Unité 1 – Leçon 3 – Prendre un repas ensemble
第1ユニット第3課 食事をともにする

今回のレッスンではちょっと意地悪なスキットを観ました。いかにもフランスらしいですね。

この課では動詞の前に置かれる直接目的補語の人称代名詞について勉強しました。

A2の授業の生徒さんは今二人です。また、金曜日17時からのA2の授業も始めました。興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

フランス語B1 6月5日(土)16:30~18:00

Unité 1 – Leçon 1 – Réagir une information générale
第1ユニット第1課 一般のニュースに反応する

宝くじのニュースに対する「もし空くじが当たったら」という反応から、条件法現在の勉強をしました。

B1の授業の生徒さんは今一人だけです。興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

フランス語B2 6月5日(土)10:30~12:00

Unité 0 – Leçon 2 – Enrichir son vocabulaire
第0ユニット第2課 語彙を豊かにする

今回はプチ・ロベールのpoireという単語の定義を読んで、辞書の定義になじむようにしました。

B2の生徒さんは現在一人だけです。興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

フランス語入門 6月9日(水)13:00~14:30

この授業では『アクティブに学ぶフランス語文法』(アルマ出版)という教科書を使っています。

今回は第11課複合過去でした。複合過去という直訳の用語からはどういうものか想像がつかないのが難点ですね。初級フランス語文法の一つの山と言えますが、活用そのものはavoirとêtreの活用を覚えていればいいので、それほど難しくないと言えるのかもしれません。

この授業の生徒さんは今二人です。途中からになりますが、むかしフランス語を勉強したけれどもう一度チャレンジしてみたいという人は、参加してみてはいかがでしょうか。見学も受け付けています。

フランス語の発音 6月10日(木)19:30~21:00

今回はフランス語の詩の音節の数え方について勉強しました。

詩においては特殊な音節の数え方をすることに注意が必要です。これは特に脱落性のEに関するものです。

1.他の母音の前、あるいは詩句の最後に脱落性のEがある場合、これを母音として数えない。
2.それ以外の場合、詩句中にある脱落性のEは母音として数えられる。

実践問題として、18世紀の詩人ジャック・ドリールのApostrophe de Satan au soleilという詩を扱いました。

Globe resplendissant, majestueux flambeau,
Toi qui sembles le dieu de ce monde nouveau
Toi dont le seul aspect fait pâlir les étoiles,
Et commande à la nuit de replier ses voiles ;
Bienfait de mon tyran, chef-d’œuvre de ton roi,
Toi qui charmes le monde et n’affliges que moi,
Soleil ! que je te hais, et combien ta lumière
Réveille les regrets de ma grandeur première !
Hélas ! sans ma révolte, assis au haut des cieux,
Un seul de mes rayons eût éclipsé tes feux ;
Et sur mon trône d’or, presque égal à Dieu même,
J’aurais vu sous mes pieds ton brillant diadème.
Je suis tombé : l’orgueil m’a plongé dans les fers ;
Il m’a fermé les cieux et creusé les enfers…
Pourquoi fus-je placé si près du rang suprême ?
Hélas ! tout mon malheur est né du bonheur même :
Plus éloigné du trône, il n’eût pu me tenter :
Le faible se soumet, le puissant veut monter.
Oui, l’orgueil du pouvoir me conduisit au crime,
Je prétendis au trône et tombai dans l’abîme.
Mais quoi ! de sa puissance enivré comme moi,
Quelque autre aurait peut-être osé braver son roi :
Et, suivant de l’orgueil l’amorce enchanteresse,
Aurait dans ces complots entraînés ma faiblesse.
Mais non, de mes égaux aucun n’a succombé ;
Tous sont restés debout, et moi seul suis tombé.
Peut-être en s’égarant mon cœur ne fut pas libre ?
Il l’était, et moi seul ai rompu l’équilibre.
Dieu signale pour tous son amour paternel…
Eh bien ! sois repentant, si tu fus criminel,
N’est-il plus de remords et n’est-il plus de grâce ?
Devant le Dieu vengeur fais plier ton audace.
Moi, plier ! ce mot seul est un affront pour moi.
Que diraient ces guerriers dont j’ai séduit la foi ?
Ah ! quand ils m’opposaient à ce Dieu que je brave,
Leur ai-je donc promis de devenir esclave ?
Dois-je, aux pieds d’un tyran me courbant en leur nom,
Au lieu de la vengeance implorer le pardon ?
Oh ! si je dus prétendre à leur obéissance,
C’était sur les débris de la toute-puissance :
Et, quant à pardonner il pourrait consentir,
Le pardon serait court comme le repentir.
Adieu donc l’espérance, et la crainte avec elle !
Fuyez, lâches remords ! vengeance, je t’appelle !
Que du monde entre nous l’empire soit égal ;
Qu’il soit le Dieu du bien, je le serai du mal.

この授業では以下の二冊の本を参考にしたテキストを使用しています。
Monique Léon & Pierre Léon, La Prononciation du français, 2e édition, Armand Colin, 2009
Dario Pagel, Édith Madelini & François Wioland, Le Rythme de français parlé, Hachette, 2012

以上の授業に興味がある方はこのサイトのお問い合わせページ、あるいはこのページの上下にあるメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。料金は90分の授業4回で12,000円です。よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA