ここ青森では今年とても雪が多く、気温も零度に届かない真冬日が多いのでどんどん雪が積もるばかりです。雪を捨てる場所もだんだんなくなってきました。早く春になってほしいものですね。

油川フランス語・英語教室は青森市にありますが、フランス語オンライン講座は世界中どこからでも受講できます。今回は1月31日から2月5日までの授業の内容をご紹介しますので、受講をお考えの方は参考にしてください。どの授業も無料見学できます。

この油川フランス語・英語教室では、日本語の教科書を使ったフランス語入門レベルから、フランス語のみの教科書を使ったA1、A2、B1、B2レベルまで、Zoomを使ったフランス語オンライン講座を開講しております。1回90分、月4回の授業で、月謝は12,000円です。現在の時間割は下の表の通りです。黄色がオンライン講座になります。時間割の空いている時間で新規開講を予定していますので、ご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。オンラインばかりでなく対面授業も新規受付をしています。青森の方はお気軽にご相談ください。

入門者用のフランス語入門授業は週2回行っていて、月曜日午後5時半から7時の授業と、水曜日午後1時から2時半のものがあります。
この授業では『アクティブに学ぶフランス語文法』(アルマ出版)という教科書を使っています。

フランス語入門 1月31日(月)17:30~19:00

第11課「複合過去」の続きで、助動詞êtreを使う一部の自動詞および代名動詞の活用を勉強しました。全ての他動詞とほとんどの動詞について複合過去は助動詞avoirを使い、êtreを使う自動詞はきわめて限られています。とはいえ非常に多用される動詞であるために、このêtreを使った複合過去もちゃんとマスターしなければなりません。代名動詞は全て複合過去にêtreを用い、これも多用されます。補語人称代名詞(再帰代名詞)+助動詞être+過去分詞という活用はなかなかなじみにくいものですが、否定の場合にはこのかたまりの前後にneとpasをつけるので、どこに否定の印をつけるのかわからなくなることがないように、考えなくても反射的に活用が口から出るようになるまで繰り返し反復して身に着けるようにしましょう。

フランス語入門 2月2日(水)13:00~14:30

第15課「単純未来と条件法現在」の続きで、今回はさまざまな動詞の単純未来の活用を繰り返し練習しました。単純未来は全ての動詞について活用語尾が同じなのでさほど難しくはないですが、不規則動詞の語幹はそれぞれ覚えなければいけません。

月曜日も水曜日も今のところ生徒は二人です。フランス語の勉強を始めてみたいという人、むかし少し勉強したけれどもう一度チャレンジしてみたいという方はぜひともお問い合わせください。

フランス語初級会話(A1)1月31日(月)19:30~21:00

Unité 7 – Bilan
第7ユニット まとめ

今回は第7ユニットのまとめの練習問題で、補語人称代名詞に関する問題などを解きました。特に考えずに反射的に使えるようになるまで主語+補語人称代名詞+動詞の活用という並びに慣れるようにしましょう。

今週はマリオン・ブリュネトを中心とするロックグループ、ルカン・シャグランのデビュー曲、RCを聴きました。サーフ風ギターが印象的なロウファイサイケです。授業ではフランス語の歌詞と日本語訳字幕をつけたものを観ています。

A1の授業は毎週月曜日19時30分から21時で、生徒さんは今一人だけです。興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

A2レベルの授業は週2回、水曜日午後7時から8時半までと、土曜日午後2時45分から4時15分までです。水曜日の方が進んでいません。

フランス語A2 2月2日(水)19:00~20:30

Unité 3 – Leçon 3 – Observer un règlement
第3ユニット第3課 規則を守る

今週も接続法現在についての練習問題を続けて解きました。禁止、助言、希望などを述べるときに接続法現在が使えますが、これを使わなくても不定詞を使ったより簡潔な言い方ができることも多いので、無駄な労力を使わずに自然な表現ができるようにしましょう。

この授業の生徒は現在三名です。

フランス語A2 2月5日(土)14:45~16:15

Unité 5 – Leçon 1 – Exprimer un malaise
第5ユニット第1課 どう具合が悪いかを言う

前のユニットでは社会問題や政治問題について自分の意見を言うことを学びましたが、このユニットでは健康問題を扱います。まず「燃え尽き症候分」を話題にした医師のインタヴューを読み、内容理解に関する問題を解きました。

この授業の生徒は現在二名です。
以上二つのA2の授業について興味がある方は是非ともお問い合わせください。見学もできます。

フランス語B1 2月5日(土)17:00~18:30

Unité 3 – Leçon 3 – Gérer un problème
第3ユニット第3課 問題を扱う

ブルキナファソの首都ワガドゥグの交通問題について二人の都市問題専門家が答えるインタヴューを聞き、それについての練習問題を解きました。

この授業の現在の生徒は一人だけです。授業に興味がある方はお問い合わせください。見学もできます。

フランス語B2 土曜日10:30~12:00

この授業はお休みでした。

以上A1、A2、B1、B2の講座ではCLE InternationalのTendancesというシリーズの教科書を使っています。また、A2以上の授業では毎回最初にディクテがあります

以上の授業に興味がある方はこのサイトのお問い合わせページ、あるいはこのページの上下にあるメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。料金は90分の授業4回で12,000円です。よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA