真夏の暑さと違うとはいえ、ここ数日は例年に比べてかなり蒸し暑く、10月になったのに半袖で過ごしています。それでも水曜日からは涼しくなるそうなので、体調管理に気をつけてください。

油川フランス語・英語教室は青森市にありますが、フランス語オンライン講座は世界中どこでも受講できます。使いやすいZoomを使った講座なので、Zoomをインストールしてもらえば誰でも簡単に受けられます。

今回は9月26日から10月1日までの授業の内容をご紹介しますので、受講をお考えの方は参考にしてください。どの授業も無料見学できます。オンラインばかりでなく対面授業も新規受付をしています。青森在住の方はお気軽にご相談ください。

土曜日午前10時30分から12時のフランス語A2レベルの授業、水曜日午後1時~2時30分、土曜日午後4時30分~6時のフランス語入門の授業は、まだ生徒さんが一人だけなので、参加希望の方を募集しています。月曜日午後5時30分~7時、木曜日午後7時45分~9時15分のフランス語初級会話A1レベルの授業、火曜日午後7時30分~9時のA2レベルの授業、土曜日午後1時から2時30分のB1レベルの授業は生徒さんが二人(二組)なので、まだ余裕があります。また、土曜日午後2時45分から4時15分のA2の授業はそろそろB1に移るので、この時間の方が都合がいい人は検討してみてください。一週間の時間割はこの記事の最後の方にありますので、スクロールして確認してください。

フランス語オンライン講座は、日本語の教科書を使った全くの初心者向けの入門講座から、フランス語のみの教科書を使ったA1、A2、B1、B2の講座まで取り揃えております。授業はZoomを使って行います。お問い合わせのページからでも、このページの上下に表示があるメールアドレスからでも結構です。1回90分、月4回の授業で、月謝は12,000円です。

初級者向けには完全な初心者向け「フランス語入門」と「フランス語初級会話(A1レベル)」の授業があります。「フランス語入門」は日本語の教科書を使って文法から勉強する授業で、「フランス語初級会話」はフランス語だけの教科書を使って会話の初歩からの勉強をします。それぞれ教科書の最初の方をスキャンしたPDFファイルが閲覧できますので、このリンクの「PDF Introduction」、「PDF A1」のファイルをご覧ください。
中級者レベルについても、このリンクから教科書の最初の方の数ページを見ることができるので参考にしてください。

水曜日午後1時から2時30分「フランス語入門」の授業はまだ最初の方です。早めにお問い合わせください。土曜日午後4時30分から6時の授業はある程度進んでいますが、向かし勉強したフランス語をやり直したい人は今からでも大丈夫でしょう。この授業では『アクティブに学ぶフランス語文法』(アルマ出版)という教科書を使っています。

フランス語入門 9月28日(水)13:00~14:30

今回は第3課の続きで、不定詞の語尾が-irの動詞と-reの動詞の直説法現在の活用を勉強しました。

 choisirfinirdireliremettre
jechoisisfinisdislismets
tuchoisisfinisdislismets
il/ellechoisitfinitditlitmet
nouschoisissonsfinissonsdisonslisonsmettons
vouschoisissezfinissezditeslisezmettez
ils/elleschoisissentfinissentdisentlisentmettent

この表の中のchoisirとfinirは第二群規則動詞と呼ばれるものですが、不定詞の語尾が-irである動詞の中には不規則動詞もかなりあります。

 partirdormirouvriraccueillirmourir
je (j')parsdorsouvreaccueillemeurs
tuparsdorsouvresaccueillesmeurs
il/ellepartdortouvreaccueillemeurt
nouspartonsdormonsouvronsaccueillonsmourons
vouspartezdormezouvrezaccueillezmourez
ils/ellespartentdormentils ouvrentaccueillentmeurent

この中でpartirとdormirはほぼ同じタイプの活用で、ouvrirとaccueillirは不定詞の語尾が-irでありながら-er型第一群規則動詞のような活用をする動詞です。しかしouvrirの過去分詞がouvertであるのに対し、accueillirの過去分詞はaccueilliであることに気をつけましょう。また、accueillirの中にはUEという綴りが見られますが、このUEはEUと同じ音を表しています。もしもacceuillirと書いたらCCが/k/の音ではなくて/ks/の音で読まれてしまうので、それを避けるために順番をひっくり返したものです。

現在この授業の生徒は一人だけです。

フランス語入門 土曜日16:30~18:00

今週この授業はお休みでした。

フランス語入門は水曜日13時~14時30分と土曜日16時30分~18時の二コマで参加者を募集しています。

フランス語A1 9月29日(木)19:45~20:15

Unité 1 – Bilan
第1ユニット まとめ

第1ユニットのまとめの中から冠詞の穴埋め問題です。

Complétez avec un article.
Je connais … ville de Montréal. C’est … ville jeune et internationale.
Mon ami Alexandre habite dans … rue Sainte-Catherine. C’est … quartier sympathique avec … restaurants et des boutiques.

この授業の生徒は現在二名です。興味がある方はお問い合わせください。

フランス語A1 9月26日(月)17:30~19:00

Unité 2 – Découvrir une ville – Leçon 1 – S’orienter
第2ユニット 新しい町を知る 第1課 目的地に向かう

今回はリナがフロリアルの建物の中で、目的地までの道を聞いて歩いていく場面のスキットを観ました。

この授業の生徒は現在二名です。興味がある方はお問い合わせください。

フランス語A1は月曜日午後3時30分~5時、月曜日午後5時30分~7時、木曜日午後7時半~9時の三コマで募集しています。月曜日午後3時30分からの回はまだ開講していないので、希望者を募集しています。

フランス語A2の授業は月曜日午後7時30分~午後9時、火曜日午後7時30分~9時、金曜日午後6時~7時30分、土曜日午前10時30分~12時、土曜日午後2時45分~4時15分の五コマです。土曜日午前の授業と火曜日夜の授業はまだそれほど進んでいないので、A2の授業を受けたい方にはこの二つの授業をお薦めします。金曜日午後6時~7時30分、土曜日午後2時45分~4時15分の授業については教科書がかなり進んでいます。

フランス語A2 9月27日(火)19:30~21:00

Unité 1 – Recevoir des amis – Leçon 1 – Se retrouver
第1ユニット 友人を迎える 第1課 再会する

今回はマダム・デュマとグレッグがマリークレール荘に帰ってきたメラニーと再会するスキットを観ました。ここでは間接目的補語の代名詞の勉強をします。

この授業の生徒は現在三名です。

フランス語A2 9月26日(月)19:30~21:00

Unité 1 – Leçon 2 – Préparer un plat
第1ユニット第2課 料理をする

この課では料理のレシピを使って部分冠詞や量を表す表現などを勉強し、現代フランスの食文化についての短い文章を読みました。

LES FRANÇAIS ET LA NOURRITURE : TENDANCES
·Les Français mangent plus souvent à la maison que les Anglais, les Américains ou les Espagnols. Le repas de tous les jours doit être vite préparé (20 min en moyenne) mais on reste à table entre 30 et 45 min.
·On cherche à faire des repas équilibrés avec de bons produits. On fait attention à l’origine du produit et au label bio. Il y a des restaurants spécialisés pour les personnes qui font un régime : cuisine végétarienne, végétalienne, cuisine sans laitage, sans farine de blé, etc.
·Les jeunes mangent souvent dans les fast-foods, qui proposent des hamburgers mais aussi des pâtes, des salades, des kébabs, des soupes, des sushis, etc.
·On aime aussi les plats exotiques. Les cuisines italienne, asiatique, grecque, espagnole, etc. sont appréciées dans les restaurants spécialisés mais aussi à la maison.

今週はクロード・ソーテの1970年の映画Les choses de la vie(邦題『すぎ去りし日の…』)のテーマソングで、ロミー・シュナイダーが歌い、ミシェル・ピコリが語りで応えるLa chanson d’Hélèneを聴きました。映画音楽作家フィリップ・サルドの処女作ですが、ソーテが気に入らなかったために映画の中では使われていません。授業ではフランス語の歌詞と日本語訳字幕をつけたものを観ています。

この授業の生徒は現在三名です。

フランス語A2 10月1日(土)10:30~12:00

Unité 2 – Faire des études – Leçon 1 – Parler de son avenir
第2ユニット 勉強する 第1課 未来のことを話す

この課では単純未来の勉強をします。この手相占いに関する文章から単純未来に活用されている動詞を拾い出してみましょう。

VOTRE AVENIR DANS LES LIGNES DE VOTRE MAIN
La ligne de vie
La longueur. Les personnes qui ont une ligne de vie longue ne vivront pas plus longtemps que les autres mais elles auront beaucoup d’énergie et aimeront les activités physiques.
Si cette ligne est courte, si elle se divise en deux vous vivrez un grand changement à un moment de votre vie. Vous partirez habiter dans une autre région ou à l’étranger. Si elle est coupée, vous ferez une rencontre importante, vous vous séparerez d’une personne chère ou vous aurez une nouvelle activité professionnelle.
La profondeur. La personne qui a une ligne de vie profonde aimera la nature et les activités manuelles. Si les lignes sont peu profondes, elle sera plutôt une intellectuelle.
La liaison avec la ligne de tête. Si le départ de la ligne de vie est séparé de la ligne de tête, vous serez indépendant(e). Vous aimerez prendre des risques.
Si les deux lignes suivent un trajet commun, vous serez dépendant(e) de vos émotions. Vous aurez besoin d’être encouragé(e) et vous préfèrerez le travail d’équipe.

この授業の生徒は現在一人だけです。フランス語中級の授業をお探しの方はぜひともお問い合わせください。お待ちしております。

フランス語A2 金曜日18:00~19:30

この授業は今週お休みでした。この授業の生徒は現在二名です。

フランス語A2 10月1日(土)14:45~16:15

Unité 9 – Projet – Donner de ses nouvelles
第9ユニット自由課題 近況を知らせる

これは仏領ポリネシアのボラボラに移住したフランス人女性が友人に近況を知らせるメールですが、特に接続法の使用に注意して読んでみてください。

Bonjour à tous,
Voilà maintenant six mois que nous sommes installés à Bora-Bora. L’île est magnifique. Nous sommes très contents de notre maison. Elle est confortable, avec un joli jardin et une belle vue sur le lagon.
Le climat est très agréable. Je regrette seulement qu’il y ait autant de moustiques.
Évidemment, derrière cette image de carte postale, il y a la réalité. Ici, c’est le bout du monde. Bora est un gros village de 7000 habitants. L’île fait 8 km de long. Il n’y a que deux épiceries tenues par des Chinois et un petit Super U. Pour beaucoup de choses, il faut aller à Tahiti, donc prendre l’avion.
En même temps, on est loin d’être seuls. Il y a beaucoup d’hôtels de luxe et les touristes sont nombreux. Mais, ils ne nous gênent pas beaucoup. Ils restent sur la plage de leur hôtel et font les activités organisées.
Je suis aussi heureuse que Pierre ait trouvé du travail comme comptable dans un hôtel. C’est vrai, nous avons pris ensemble la décision d’accepter le poste qu’on me proposait au collège mais j’avais peur qu’il s’ennuie.

この授業の生徒は現在一名です。

フランス語B1 10月1日(土)13:00~14:30

Unité 2 – Leçon 2 – Chosir son look
第2ユニット第2課 自分のスタイルを選ぶ

今回はフランスのファッションの傾向に関する記事を読みました。

LA TOUCHE FRANÇAISE
Même si « l’habit ne fait pas le moine » les autres nous jugent d’abord à la façon de nous habiller. Il est donc important que notre style vestimentaire reflète notre style de vie. Le styliste Jean-Eudes Néton analyse pour nous les quatre principales tendances de la mode en France.
Les classiques chics
Avant on les appelait BCBG (bon chic bon genre) mais l’expression comme le style sont en perte de vitesse. Il marque une classe sociale bourgeoise repérable dans le 16e arrondissement de Paris et les dîners de province. La classique chic aime les belles matières, les imprimés discrets. On la voit souvent en robe ou bien en jupe droite, avec chemisier et veste blazer ou cardigan. Lui, s’aime en costume. Il porte volontiers une cravate qu’il enlève quelquefois pour faire décontracté.
Les bobos
C’est le style dominant aujourd’hui. Le bobo suit la mode tout en la rejetant. On le reconnaît à son éclectisme chic. Il mélange les vêtements de créateur avec des fringues trouvées chez Monoprix. On le trouve principalement dans les milieux artistiques ou intellectuels. La bobo peut associer une jupe en jean avec un tee-shirt imprimé et une veste en skaï. Le bobo portera un jean et une veste en velours sur un pull léger ou un polo. L’un comme l’autre sont souvent coiffés d’un chapeau. Mais l’important pour eux, c’est l’accessoire : sac, ceinture, chaussures doivent provenir d’une grande marque.
Les jeunes hipsters
Le jeune hipster fréquente les universités. On le repère aussi dans les start-up, les services marketing ou informatique des entreprises. Il a le culte du « pas cher » et achète volontiers ses fringues dans les friperies. Lui, porte un pantalon slim (très étroit) qui arrive au-dessus de la cheville, des baskets, une chemise qu’il boutonne jusqu’au dernier bouton. Il quitte rarement sa casquette ou son bonnet. La jeune hipster, elle, s’habille d’un mini short et d’un pull vintage.
Le style sportif
C’est un style décontracté qui se décline selon le milieu. Le sportif, au féminin comme au masculin, est invariablement chaussé de baskets et porte des vêtements amples et souples : un jogging avec cagoule, sweat imprimé, casquette. On le repère à son sac à dos et à son casque sur les oreilles. Un petit accessoire est nécessaire : foulard, montre, bracelet, tour du cou, grosse bague… pour lui comme pour elle.

この授業の生徒は現在二名です。興味がある方はお問い合わせください。

フランス語B2の授業は水曜日15時30分から17時の枠で募集しています。まだ希望者がいないのでぜひともお問い合わせください。

現在の時間割は下の表の通りです。黄色が以前からのオンライン講座のクラスで、青色がこの春開講したオンライン講座です。緑はまだ希望者がいません。時間割の空いている時間で新規開講を予定していますので、ご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。緑の時間で別のレベルの授業をご希望の方、対面授業をご希望の方もご連絡ください。対応いたします。

以上の授業に興味がある方はこのサイトのお問い合わせページ、あるいはこのページの上下にあるメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。料金は90分の授業がひと月4回で12,000円です。よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA